あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

2020-06-04から1日間の記事一覧

焚かるる豆殻のはらはらと鳴く音は、東京の夜の街の人々?

徒然草の書写の上人の段にある文ですが、魏の曹植の七歩の詩を引用したものです。黒人が差別されたように、夜の街の人を差別することで体制を保とうとする策で、為政者としてとても上人様には見えない。豆がらで 豆にる致仕の もがり笛 虹の橋下に おひたる…

霞こむ前に田をさるあやめ雁繭の衣や大島紬、Dear まゆゆ。

世の中は東京アラートで遊んでいるけど、大事なものを失ったようで、いとかなし。高橋の みなくれなゐの みおつくし 夢の小嶋に 鳴く浜千鳥 令和 別離 鳴門すぐ 板野の里の 遍路みち 柏の葉守 憩ふ篠田ずし 令和 別離 まよびきの 横山くはし 繭ごもり さしの…