あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

床下浸水に対して、既存の家がどれだけ耐えられるかを概算しました。

床下浸水する箇所は、床下換気口か、玄関・勝手口等の
開口部です。基礎に割れや穴が開いてるのは除きます。
床下換気口がある家は、200ミリ前後です。
それよりも玄関等が低ければ、そこから浸水します。
最近の家で見た目は床下換気口が無い家がありますが、
フロアーの高さまで浸水しないと思ったら間違いです。
基礎パッキンと言うので換気しています。
したがって、フロアーの高さより220ミリ程度低い
高さで浸水します。
CADデータでは、フロアー600ミリで388ミリが
浸水高さになってます。
基礎の構造を見て浸水の耐性を推し量って下さい。

f:id:atamewaru:20170930003022j:plain