あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

これから家を建てようとする方は、基礎パッキンを使った工法で浸水対策を!

これから家を建てようとする方は、基礎部分の換気設計を
基礎パッキンを使用する工法にした方がいいと思います。
床下換気口を使うと 200ミリ前後の耐性しかありませんが、
基礎パッキンだと、床高によりますが 300ミリ程度の浸水
に耐えられると思います。
少し値段が上がるかも知れませんが、浸水被害に比べたら
安いと思います。
後は、玄関ドアや勝手口の高さを確保することです。
バリヤフリーをどうするか、設計者の知恵が必要です。
中古物件も間取りだけでなく、この点もチェックして購入
されることを望みます。