あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

株式投資の情報は、どういう風に活用したらいいのだろう?(3)

株の情報で使えるのは、日経新聞と証券会社が提供する
リアルタイム情報に四季報くらいです。
ニュース等で流れる経済情報と国際情勢を加味した後、
自分なりの判断をしていく以外方法はありません。
株式投資は平和が前提です。
平和が続くならスイング投資や長期投資が可能です。
大きなリターンも得られます。
今は非常時の投資しかできません。
常に株の現金化が必要です。

これから平和が前提の情報活用方法を説明します。
日経新聞にはその日の取引に影響する情報があがります。
それは参考程度にして、違う情報がないか探します。
紙面の端に、丸井が2~3年後に博多に出店とあった時、
東京に以前住んだことのある私は、買える情報かどうか
チャートや四季報それに決算書を見て分析しました。
利益が出てないのに出店はできないし、イベント時期が
決まっている銘柄は、それに向かって値上がりするので
チャート上で買う時期を判断しました。
紙面の端にある情報もこまめに見て下さい。
銘柄の場合や業界の方向性なんかも大事です。