あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

リノベーション物件もサブリースと同じ道を辿るのだろう?

サブリースで破綻する人が増えてるみたいだけど、
結局、経営者の視点がないから間違うのだろう。
5%の利回りなら、トランプショックの時にでも、
上場リートを買えばリスクは低かったのにね。
乗り換えも自由で決算書も付いてくる。
今、危ないと思うのはリノベーション物件かな?
20年超の物件の化粧替えで高く売る商法がねー
35歳で買って、85歳まで住めるのだろうか?
皆、耐用年数が50年って言うことを忘れてる。
20年後に大規模修繕費300万円必要になり、
30年後に1000万円の構造補強費が必要か?
40年後にまた大規模修繕費が掛かるでしょう。
リノベーションで耐用年数が延びることないし、
大規模修繕も無くならないはずだしね。
新築を耐用年数いっぱい使った方が得のような?
経営者なら、減価償却を必ず考えると思います。
採算に合う物件なのかが、一番重要なのかもね。