あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

水害時代の住宅地選びと床下換気対策方法は?

もはや水害は避けて通れない時代です。
住宅地の選択を間違ったら、財産を失います。
水害対策も都心部から行われるのが当たり前で、
都心を離れると堤防の嵩上げと護岸くらいです。
防災マップと地形の確認は必要でしょう。
市販の地図でも、福岡なら春日市大野城市は、
水害に弱そうだって分かります。
ドアを1m高い位置に取付ても、建築基準法で、
床下換気口が必要なため、150~400ミリ
の水深で床下浸水してしまいます。
浸水は、ドアと窓と換気口の高さで決まります。
不便でも、階段かスロープでドア下を高くして、
床下を密閉し、シュノーケリングで強制換気を
するのが現実的だと思います。
建築基準法に適合するか検討が必要でしょうが、
メーカーも耐震構造だけでなく、水害対策住宅
を開発する責務があると思います。
最近の住宅は床下に隙間が無いようにみえても、
基礎パッキンが隙間を作ってるから注意してね。