あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

体操の暴力と柔道の暴力が同じなのに、扱いが違うのは何故?

体操の暴力的指導を非難しているけれども、
柔道だって暴力練習を容認している。
なんで、体操の指導を叩くのか分からない。
柔道の組手は暴力の練習そのものだ。
死者や半身不随や骨折は日常茶飯事である。
組手は相手が容認していると言い訳するが、
体操の宮川さんも容認している。
三者が見て暴力と感じたらと言うならば、
柔道も蹴ったり、倒したり、絞めたりして、
暴力の練習でしかない。
技を極めるためにしょうがないと言うなら、
体操だって、究極の難度を極めるためには
って思いで指導していたはず。
一切暴力を認めないと言うなら、柔道から
組手を廃止して、型の練習だけで金メダル
を取って見せて、暴力的指導が不要だって
証拠を見せて欲しいものだ。