あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

塚原夫妻が体操協会の権力闘争を発言したのは、塚原直也氏への親心?

塚原夫妻はご高齢のため、東京五輪までが限界と
考えていたと思われます。
そうなると、直也氏の将来が心配になってきた。
男子の理事だと、日体大の層が厚く将来性がない。
直也氏へ女子本部長を委譲する戦略が背景にある。
それなら、今回の騒動が説明できる。
朝日生命の選手を多く五輪に送って実績を作る。
メダルが取れれば、直也氏への委譲に反対はない。
2020に朝日生命の若手をいれたのもそのため、
補助対象外の子を補助金を使って強化できる。
朝日生命に批判的な勢力や選手も排除できる。
2020で強化している子は2024の選手です。
この子たちは、直也氏の実績として評価される。
直也氏の国籍変更は必要だろうが、確率は高い。
来年での退任表明は、直也氏委譲との交換条件か、
それとも、最悪解任を避けるための方便か?
記者会見をせず、TV に出まくる執着心は見事だ。
聞き手の MC が無知過ぎて降番させた方がいい。
今回の構図は、下手な推理小説より面白い。
家庭の DV と同列に見るのは愚か者のする事です。
もっと、選手の目線で見て下さい。