あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

ファーウェイの為に中国が、カナダ人を拘束した報復作戦は失敗だった?

尖閣問題で日本人を拘束して成功したことがある。
その成功例が影響したんだろうが失敗じゃないの?
事なかれ主義の日本人とアジアに興味ない世界が、
成功の要因だと分析するなら拘束は失敗でしょう。
あの時は、井戸を掘ったパナソニックを破壊して、
なおかつ、日本人4人を拘束して脅してきました。
今回は、iPhoneショップやカナダグースの破壊も
出来ずに、中国の人々には弱腰と映っただろうし、
拘束で世界中の人々の関心も集めてしまいました。
カナダ人を拘束したことは、アメリカの主張する
中国が情報を抜き取ってることに真実味を与えて、
各国は、ファーウェイの導入に慎重になるだろう。
米国製の通信機器が無い状況では、エリクソン
ノキア製を導入する国が増えると考えられます。
経済援助とセットで売り込める国に採用されても、
欧州は難しいし、ロシアは採用するのだろうか?
叩かれた iPhoneは安全だとの印象が得られたが、
ファーウェイは危険な端末だとの見方も広がった。
平家物語にならないことを願います。