あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

沖縄の県民投票で移設反対票が少なかったのは何故?

自動車の開発で長年数字と向き合ってきた。
統計的に言えば投票結果の信頼度は50%。
結論から言えば反対票は40%程度だろう。
それでも75%と言う数字は独り歩きする。
英国のEU離脱の投票よりも信頼度は低くて、
税金をドブに捨てたようなもんだ。
投票の設問も賛成・反対と小学生なみだし、
本来なら、現実に沿った設問にするべきで、
普天間の危険性を維持するために移設反対、
普天間の危険性を除去するために移設容認、
これくらい具体的で、容認派が投票にいく
理由付けが有るべきだろう。
無作為抽出が統計の基本である。
今回の投票は有作為投票で何の価値もない。
この国には本当の識者はいないのだろうか?
とにかく数字という神の啓示はなされた。
読み解く賢者は救われるだろう。