あためわるのジョイ勉

ジョイ勉のオマケ

徴用工問題は過払い金問題と構造は同じ、企業は引き当てと撤退を!

文在寅はグクを法相に任命するだろう。
現在までの流れから未来は分かるはず。
戦犯企業条例も次々可決されるだろう。
企業は第二の過払い金をさけるために、
韓国からの撤退と引当金を積むべきだ。
グローバルでの差し押さえを防ぐため、
韓国に引当口座を残しておくしかない。
現金資産以外では損害が大きくなって、
事業継続が出来なくなると考えるべき。
株主は決算で企業に質問するしかない、
ダメだと思ったら投資対象から外して、
戦後の企業に振り替えるべきと思うよ。
企業は敵の敵は味方作戦で韓国以外の
調達先を早急に開拓すべきだろう。
日本企業を結集して韓国のライバルを
勝たせる戦略が一番いいと思う。
徴用工問題の解決は政府にはできない、
日本企業が一致して脱韓国を表明する。
それ以外に方法はないだろう。